areiblog’s blog

いずれ訪れる終末、そして千年王国(メシア王国)を待ち望む

次は全体主義へのアジェンダ・・・気候ロックダウン! Patricia Harrity + Ethan Huff

2023年08月13日

さてはてメモ帳さんのサイトより転載
http://glassbead.blog.shinobi.jp/medical%20tyranny/towards%20totalitarianism

 

この当たりでこれをおさらい

Next On the Agenda Towards Totalitarianism…..Climate Lockdowns! By Patricia Harrity on August 4, 2023 • ( 24 Comments )

https://expose-news.com/2023/08/04/next-on-the-agenda-towards-totalitarianism-climate-lockdowns/

早くも2020年2月、ランセット誌がロックダウンの影響を記録した24の研究のレビューを発表した。この研究では、愛する人との強制的な分離、自由の喪失などが、怒りや収入の喪失から、不安、うつ病、薬物乱用、自殺などの心理的ストレスに至るまで、劇的な影響を生じさせると結論づけている。その影響は、実際のロックダウン後も長く続き、心的外傷後ストレスが報告されている。

このような有害なリスクがあるにもかかわらず、政府は「史上最大の心理学的実験」と呼ばれるロックダウンを行い、国民にこのような被害を与えた。

現在、その結果は明らかになり、ランセットの研究結果と一致している。この倒錯した介入による明らかな害にかかわらず、再びこのようなことが計画されている。今回は「気候ロックダウン」という名目で、ジャーナリストのイーサン・ハフ[Ethan Huff]がNatural News.に掲載された以下の記事で説明している。

WHOは次の「パンデミック」として気候ロックダウンを計画しているのか?

武漢コロナウイルス詐欺デミックが終わった今、世界保健機関(WHO)は、今度は「気候変動」を阻止するために、新たなロックダウンという形で次の暴虐な計画を忙しく練っています

新たに提案された国際保健規則(IHRs)の改正案と、いわゆるパンデミック条約は、いずれも「ワンヘルス」と呼ばれるアプローチを取り入れています。この「ワンヘルス」方式は、「地球温暖化」が無視できないほどの脅威であると判断された場合に、「気候ロックダウン」を開始する絶対的な「権力」をWHOに与えるものです。

「曖昧で分かりにくいが、ワンヘルス詐欺の言葉は、ネットワークを作り、権力と支配の一元化に向けた努力を結集するための道具であり、それは常にあらゆる支配者の目標である」と、マック・スラーボ[Mac Slavo]はDiscern Reportで報じました。

「ひとたび中央集権が達成されれば、COVIDのプランデミックに対応するために課された同様の措置が、気候変動、生物多様性の喪失、人間の病気、媒介感染症、その他多くのことに利用できる。」

 

次の世界的ロックダウンはロックダウンの中のロックダウンとなる

WHOが監督する次の一斉閉鎖は、Covidロックダウンよりもはるかにひどいものになるでしょう。WHOのトップであるテドロス・アダノム・ゲブレイェソス[Tedros Adhanom Ghebreyesus]は、世界中のすべての人に無制限の権威主義的暴政を敷くことができるようになり、人々が屋内にとどまり、無期限に「安全でいる」ことを強いるでしょう。

人工知能(AI)の助けを借りて、権力者たちは常にすべての人を監視し続けることができるようになるでしょう。まさか、イーロン・マスク[Elon Musk]が主張するように、AI脳インプラントが実際に「命を救う」ためのものだとは思っていなかったでしょう、思っていました?

ビル・ゲイツ[Bill Gates]と彼のビル&メリンダ・ゲイツ財団はWHOの最大の資金提供者であり、WHOの暴政的な政策を推進しています。ところで、ビリー少年は、次の偽の「パンデミック」が発生し、全世界が地獄-Covidよりももっとひどい地獄に逆戻りするのを待ちきれないのでしょう。

Covidは、WHOが次に計画していることのテストランに過ぎないのです。クラウス・シュワブ[Klaus Schwab]が運営する世界経済フォーラム(WEF)もこの計画の先頭に立っており、それについてDaily Exposé は次のように述べています:

WHOの「パンデミック条約」は、パンデミックだけに関わるものではない。それは、「ワンヘルス」イデオロギーを世界的に導入するものである。このコンセプトは、人間と動物の健康の相互依存、そして環境とのつながりを認識するものである。

このワンヘルスのアジェンダを通じて、WHOは環境(温室効果ガスの排出、汚染、森林伐採を含む)、動物の健康(家畜など)、人間の健康(ワクチン接種、社会的決定要因、人口移動を含む)に関連する事柄について決定を下す権限を持つことになる。これらの拡大された権限により、WHOは気候や環境の緊急事態を容易に宣言し、閉鎖を強制することができる。

このような暴政の言い訳は、「地球規模の課題に対処するための希望の光」を提供するために、そうしなければならないというものです。言い換えれば、「エリート」以外のすべての人間がロックダウンされ、ジェノサイドの対象とならなければ、地球は滅亡すると言われているのです。

WHOが特定した14の「グローバルな課題」(食料、水、安全、セキュリティ、土壌の健康、「比較生物学」など)に対処するためには、権力者は「人間」だけでなく「動物」「植物」「水路」「生態系全体」を含むすべてを掌握しなければなりません。

この悪夢が実現するのを阻止するためには、まず人類の重要な集団が、何が起きているのかを理解し、組織的に抵抗することに同意しなければなりません。これには「執行者」、つまり法の執行機関も含まれ、自分たちが悪のために働いていることを自覚し、その代わりに人類のために戦うよう鞍替えを促されているのです。

 

さてはてメモ帳さんのサイトより転載終了
http://glassbead.blog.shinobi.jp/medical%20tyranny/towards%20totalitarianism

 

今起こっている事がなぜなのか

聖書を読むと実に辻褄が合うのです

聖書は日本人には馴染みがないですが、実は全人類無関係ではないのです

嫌でもNWO(ニューワールド・オーダー新世界秩序)に巻き込まれる

聖書には福音があります、福音は良い知らせという意味です

宗教組織に関わるよりもまず聖書を読んでみませんか

(宗教組織と聖書は全く別物だと思います、ですから私は宗教は好きではないです)

私が聖書を読んで驚いたのは人は死んだら終わりじゃなく

永遠のいのちがあると書かれている!

その他にもすごい事が書いてある!

まだ一度も聖書を読んだ事がない方

一生に一回くらい読んでみませんか?

これを知らないのはもったいないと思います!

家で聖書を読んでるぶんには変な宗教の勧誘もないので!(^^)!

今は聖書的には大患難時代時代に入る直前の時代ではないかと思われます

これから急激なペースで世の中が変わって行き、次々に色々な事が起きて

何も知らない人々は思考停止になるかも知れません

今聖書を読んで準備しませんか?パニック状態の世の中になる前に。

最後まで読んで下さり有り難うございました(*^-^*)