areiblog’s blog

いずれ訪れる終末、そして千年王国(メシア王国)を待ち望む

殺人医師: 小児科医はどのようにして一度の診察で複数のワクチンを接種した赤ちゃんを殺すのか

2023929

 

HEALTH IMPACT NEWSさんより転載

https://healthimpactnews.com/

 

https://healthimpactnews.com/2023/murderous-medical-doctors-how-pediatricians-kill-babies-with-multiple-vaccines-in-one-office-visit/

ブライアン・シルハヴィ
、健康影響ニュース編集者

現在、米国で赤ちゃんがいる場合、健康と安全の観点から赤ちゃんにとって最も危険な場所は、認可された小児科医師の診察室です。

 

このクラスの医師全員が子供の治療で生計を立てていますが、ここで事実を直視しましょう。健康な子供は小児科医にとってひどいビジネスモデルです。

 

赤ちゃんを診察に連れて行くには、赤ちゃんが「病気」になる必要があり、そこで小児科医は医療製品を販売するだけでなく、サービス料を請求することで生計を立てることができます。

 

「聖職者」と呼ぶのが適切なこれらの小児科医は、赤ちゃんや子供に「医療を行う」ためには州の医療委員会の認可を受ける必要がある。そして、小児科医としての聖職者の役割の1つは、あなたの子供を製薬カルトに迎え入れるために予防接種をすることです。そして、それは通常、子供が病院で生まれた場合、生まれたその日からB型肝炎ワクチンの接種を開始します。性感染症

 

これらの予防接種により、子供は常に病気を抱えて成長し、小児科医による聖職者のようなサービスをさらに必要とすることになります。

 

米国の刑事司法制度における犯罪者と同じように、自分で弁護士を雇う余裕がない場合や、米国の病院で赤ちゃんが生まれ、あなたが弁護士を雇う余裕がない場合、刑事法廷で代理人として弁護士(国選弁護人)が任命されます。かかりつけの小児科医がいない場合は、おそらくあなたの郡の公衆衛生局から小児科医が割り当てられます。公衆衛生局は、米国のすべての州の郡レベルで、乳児や子供たちに「ワクチン」を確実に接種する責任を負う主要機関です。 」

 

1986年に製薬会社がワクチン製品によって患者が死亡したり負傷したりした場合にワクチンに対する法的免責権を取得してからしばらくして、このクラスの小児科医は親に指示する「井戸児訪問」と呼ばれるものを実施した。赤ちゃんを連れて定期的に受診する「健診」。

 

賢いマーケティングだと思いませんか?

たとえ赤ちゃんが病気でなくても、医師僧侶は赤ちゃんに「医療行為」を続けて収入を得ることができ、その最初の「健診」は通常生後2か月から始まります。

 

これらの「健診」は、小児科医の主な金儲けの一つであるワクチンに使用されます。ある日、小児科医が偶然目覚めて、これらの製品が実際に患者に害を及ぼしていると判断し、毒物注射をやめたいと思った場合、必然的に医師免許を剥奪され、「クラブ」のメンバーではなくなることは避けられません。 」(フリーメーソン)

 

そして、利益を最大化するために、これらの小児科医は、特に次のような場合に、1 回の訪問で複数のワクチンを投与する方法を教えられています。被害者は以前の「健康診断」を受けておらず、小児用ワクチンも「最新」ではありません。

これにより、被害者は一生病気に悩まされ、生き残ったとしても製薬カルトの奴隷となることが保証されます。

 

多くの乳児や子供たちは生き残ることができず、製薬カルトの人口抑制計画の犠牲者になります。

 

新型コロナウイルス以前にもこの邪悪なカルトを暴露した人が何人かいたが、新型コロナウイルス感染症以降、オルタナティブ・ヘルスにある大金が新型コロナウイルス詐欺と新型コロナウイルスワクチン接種に反対している。何十年もの間、FDA と CDC によって認可およびライセンスを受けてきました。

 

そこで、今日更新された米国政府のVAERS(ワクチン有害事象報告システム)データベースを検索して、2020年12月に新型コロナウイルスワクチンの緊急接種が行われて以来、一度に複数のワクチンを受けた後に何人の乳児や子供が死亡したかを調べてみた。認証を使用したところ、 772 名が死亡したという結果に衝撃を受けました。

 

これらの死亡者のほとんどは乳児と子供であり、3年未満前の2020年12月以来、これらのワクチンのほとんどには新型コロナウイルスワクチン接種が含まれていませんでした。

 

  • 1回の来院で3種類のワクチン接種後に554人が死亡。(出典)
  • 1回の来院で4種類のワクチン接種後に123人が死亡。(出典)
  • 1回の来院で5回のワクチン接種後に41人が死亡。(出典)
  • 1回の来院で6種類のワクチン接種後に2人が死亡。(出典)
  • 1回の来院で7種類のワクチン接種後に2人が死亡。(出典)

(: 1 回の訪問で投与されるワクチンの数が多いほど、頻度は最も低くなります。たとえば、2020 年以降、1 回の訪問で 7 つのワクチンを投与された症例は 70 のみでしたが、 2020 年以降、1 回の来院で 3 つのワクチンを接種した症例は 11,552 でした。 )

 

そして、VAERS データベースに含まれているワクチンによる傷害や死亡の実際の症例は 1% 未満であることを忘れないでください。(出典)

一度に複数のワクチンを接種したことによる死亡例の多くは、通常は最初の「健診」である生後2か月の時点で記録されています。

 

ここではいくつかの例を示します。

VAERS ID: 2005517 : 1回の来院で6種類のワクチン(DTAPHEP BHIBIPVPPVRVX)を受けたペンシルベニア州の生後2か月の女児「患者は一連のワクチン接種後1日で死亡した。」

VAERS ID: 2596275 : 1回の来院で5つのワクチン(DTAPPHEPBIPHIBVMNQPNC13RV1)を受けたルイジアナ州の生後2か月の男児202336日金曜日の午後3時頃に通知され、乳児はその日に死亡しました」

VAERS ID: 901446 : 1 回の来院で 4 つのワクチン (DTAPPHEPBIPHIBVPNC13RV1) を受けたカンザス州の生後 3 か月の男児「彼は 2 日後に荷物をまとめて遊んでいるときに反応を失っているのが発見されました。」

VAERS ID: 902787 : 1 回の来院で 4 つのワクチン (DTAPIPVHIBHEPPNC13RV5) を受けたユタ州の生後 2 か月の男児「ワクチン接種の翌朝、ベビーベッドで反応がないのが発見され、救急隊が通報し、患者病院で死亡が確認された

VAERS ID: 906303 : 1回の来院で4種類のワクチン(DTAPIPVHIBFLU4HEPPNC13)を受けたノースカロライナ州の生後6か月の女児「副作用かどうかは不明ですが、両親は赤ちゃんが無反応で青くなっているのを発見し、911に通報し、心肺蘇生を開始しました」赤ちゃんは原因不明で死亡した」(ワクチン接種後1日)

VAERS ID: 1403610 : 1回の来院で4種類のワクチン(DTAPIPVHIBHEPPNC13RV1)を受けたコロラド州の生後2か月の女児「患者は21614日の夕方までは元気だったが、突然呼吸が止まった」父の胸に横たわりながら。CPRを試み、EMSで病院に搬送されましたが、ACLSの処置にもかかわらず自発循環​​を回復することができませんでした。患者は死亡した。」

VAERS ID: 1414392 : 1 回の来院で 4 つのワクチン (DTAPIPVHIBHEPPNC13RV5) を受けたペンシルベニア州の生後 2 か月の男児アナフィラキシー反応 (広範囲)、急性中枢性呼吸抑制 (狭い)ギラン・バレー症候群 (広い)、過敏症 (広い)、呼吸不全 (狭い) 21/6/11 に呼吸が停止しました。

VAERS ID: 1418051 : 1 回の来院で 4 つのワクチン (DTAPIPVHIBHEPPNC13RV5) を受けたノースカロライナ州の生後 2 か月の男児「午前 6 8 分、生後 2 か月のそれ以外は健康な男児が心肺疾患の救急外来に到着」逮捕。搬送乗組員によると、患者が最後に生きているのが確認されたのは、2021621日の午後10時から11時の間、授乳中にだったという。ER 2021 6 22 日午前 5 15 分に患者が無反応であることが判明し、連絡を受けました。輸送乗組員は、死後硬直を伴う乳児チアノーゼを発見したが、心肺蘇生が行われたが、顎の硬直により挿管が成功しなかったと報告している。救急外来到着前の 45 分間心停止。」

VAERS ID: 1924310 : ケンタッキー州に住む生後 2 か月の男児、一度の来院で 4 つのワクチン (DTAPIPVHIBHEPPNC13RV5) を受けました21 8 25 日午前 4 赤ちゃんは母親と一緒にベッドにいました」彼女の腕の中で眠っている。母親が目を覚ますと、赤ちゃんが無反応であることに気づきました。家族は心肺蘇生法を開始し、911に通報した。赤ちゃんは病院で死亡が確認された。」

 

これは、カリフォルニア州の2歳の男児のケースです。一度の訪問で7種類のワクチンを受け、その夜に死亡しましたが、公衆衛生当局が次に両親に電話したことを除けば、おそらくVAERSには記録されなかったでしょう。この日は、子どもに接種した7種類のワクチンのうちの1つであるポリオワクチンが「予定外」に投与されたことを知らせるためだった。子どもが死亡したことを知ったとき、彼らは報告書を提出した(おそらく、7回の注射のうち1回を「予定外」に打ったことを法的にカバーするためだろう)。

VAERS ID: 2545281 : ワクチン接種後の訪問で書類を検討した際に、ポリオワクチンの接種が予定外であると判断されました。訪問時、母親は他のワクチンと一緒にポリオワクチンを接種することに同意していました。ワクチン接種が予定外であることを母親に知らせるために電話すると、父親が出た。父親に、子供が予定外にポリオを投与されたことを説明した。父親は、子供がワクチン接種を受けた夜に死亡したと述べたが、どのようにして死亡したかについては述べなかった。それ以上の情報は求められなかった。母親は予防接種中、子供をじっと保持するのが困難でした。ただし、ワクチンの接種はまだ可能でした。子供は予防接種中に泣きましたが、予防接種後は落ち着いてオフィスを歩き回っていました。

 

他にもたくさんのことがありますが、これらの報告を読み、邪悪な悪魔のような医療制度で誤って信頼していた人々に裏切られ、これらの家族がどのような経験をしているかを考えると、私はあまりにも多くの涙を流すことしかできません。もし私がこの子供たちのために泣くのをやめたら、私はとても怒りっぽくて苦い人間になって、誰も私の前に来られなくなるでしょう…

 

これらの乳児が 1 回の来院で複数のワクチンを受けた直後に死亡した場合、その乳児は「乳児突然死症候群」(SIDS) として分類されますが、決して「ワクチンによる死亡」ではありません。

 

VAERS ID: 1878783 : 生後 4 か月の男児5 種類のワクチン (DTAPIPVHEPHIBVPNC13RV1) – 「乳児突然死症候群の疑い。心肺停止。2021 11 16 日に保健当局から受け取った未承諾の有効な重篤な症例に関する最初の情報を参照してください。この症例は、ワクチン ROTARIXTETRABIKBIMMUGENPREVENAR 13 および HIB (PRP/T) VACCINE [ActHIB] の接種中に乳児突然死症候群の疑いと心肺停止を経験した生後 4 か月の男性患者を対象としています。報告時点では、心肺停止の場合は致死、乳児突然死症候群が疑われる場合は致死であった。報告された死因: 心肺停止。乳児突然死症候群の疑い。」

VAERS ID: 1400223 : 1 回の来院で 4 つのワクチン (DTAPIPVHIBHEPPNC13RV5) を受けたミズーリ州の生後 2 か月の男児「患者は収縮状態で呼吸をしていないことが判明しました。死因はSIDSとみられている。」(ワクチン接種後1日後に死亡)

皆さんは今、再度警告を受けています。

 

親の皆さん、どうか自分の子供たちをワクチンの神に犠牲にしないでください。安全なワクチンも効果的なワクチンもありません。人を殺したり傷つけたりするのは、新型コロナウイルスワクチンだけではありません。それらはすべてそうなのです。

 

私が「反ワクチン」のラベルを付けることを誇りに思う理由 – 歴史と科学は、ワクチンが決して安全でも効果的でもなかったことを示しています

以前は子供時代のワクチンの危険性について親に警告していたのに、今では新型コロナウイルスワクチン接種を批判し、中国での「研究室漏洩」( 「ウイルス」)の責任をアンソニー・ファウチのような人物のせいにして大金を追い求めている人たちについて言えば、存在しなかった、研究室から逃れることはできない!!!!) 赤ちゃんを死に至らしめるすべてのワクチンについて親に警告する代わりに、あなたはいつか沈黙の責任を問われるでしょう。

 

「それから彼は左側にいる者たちに言うだろう、『呪われた者たちよ、わたしから離れて、悪魔とその天使たちのために用意された永遠の火の中に入れなさい』。なぜなら、私はお腹が空いていたのにあなたは何も食べるものをくれなかったし、のどが渇いていたのにあなたは何も飲まなかったし、私は見知らぬ人だったのにあなたは私を家に招き入れてくれなかったし、私は服が必要だったのにあなたは私に服を着せてくれなかったし、私は病気で家にいたからです。刑務所にいるのに、あなたは私の面倒を見てくれませんでした。』

 

「また彼らはこう答えるでしょう。『主よ、私たちはあなたが飢えているのを、のどが渇いているのを、見知らぬ人を見て、衣服を必要としているのを、病気の者を、あるいは刑務所にいるのをいつ見たのに、あなたを助けなかったのですか。」

「彼はこう答えるだろう。『本当のことを言いますが、あなたがこの最も小さい者たちのためにしなかったことは、私のためにもしてくれなかったのです。』

「そのとき、彼らは永遠の罰を受けますが、義人は永遠の命を受けます。」(マタイ 25:41-46)

したがって、なすべき正しいことを知っていながらそれを実行しない者は、その人にとってそれが罪なのです。(ヤコブ 4:17

 

主はモーセに言われた、「イスラエルの人々に言いなさい。イスラエルの人々、あるいはイスラエルに滞在している異邦人の中で、自分の子らをモレクに渡す者は、必ず殺されるであろう。」国の民は彼を石で石で打ちつけるであろう。

私自身があの男に顔を向け、彼の民の中から彼を切り離すつもりです。なぜなら彼は私の聖所を汚し、私の聖なる名を汚すために自分の子供の一人をモレクに与えたからです。

 

そして、もしその国の民が、その男が自分の子供の一人をモレクに与えたときに少しでも目をつぶって、彼を殺さないなら、その時、私はその男とその一族に対して顔を向けて、切り裂いてやるだろう。彼と彼に従ってモレクの後を追って売春婦をしているすべての者たちを民の中から追い出してください。

 

もしある人が霊媒師や死霊術師(今日の医者)に頼って彼らを追って売春するなら、私はその人に顔を向けて、彼の民の中から彼を切り離します。

それゆえ、自分を聖別し、聖くなりなさい。わたしはあなたの神、主だからである。(レビ記 20:1-7

 

(「モレク」とは、今も生きていて赤ん坊の犠牲を受けているサタン勢力の高位の悪魔の名前です。今日の司祭たちは、白衣を着て首に聴診器を掛けています。)

 

関連項目:

ワクチン接種を受けた子どもと接種を受けなかった子どもの禁止された動画が健康影響ニュースで復活

関連

現代医学への悪魔のルーツ – 獣の刻印?

 

HEALTH IMPACT NEWSさんより転載終了

https://healthimpactnews.com/

 

https://healthimpactnews.com/2023/murderous-medical-doctors-how-pediatricians-kill-babies-with-multiple-vaccines-in-one-office-visit/

 

今の時代に起こっている事は

聖書を読むと実に辻褄が合うのです

聖書は日本人には馴染みがないですが、実は全人類無関係ではないのです

嫌でもNWO(ニューワールド・オーダー新世界秩序)に巻き込まれる

聖書には福音があります福音は良い知らという意味です

宗教組織に関わるよりもまず聖書を読んでみませんか

(宗教組織と聖書は全く別物だと思います、ですから私は宗教は好きではないです)

私が聖書を読んで驚いたのは人は死んだら終わりじゃなく

永遠のいのちがあると書かれている!

その他にもすごい事が書いてある!

まだ一度も聖書を読んだ事がない方

一生に一回くらい読んでみませんか?

これを知らないのはもったいないと思います!

家で聖書を読んでるぶんには変な宗教の勧誘もないので!(^^)!

今は聖書的には大患難時代時代に入る直前の時代ではないかと思われます

これから急激なペースで世の中が変わって行き、次々に色々な事が起きて

何も知らない人々は思考停止になるかも知れません

今聖書を読んで準備しませんか?パニック状態の世の中になる前に。

最後まで読んで下さり有り難うございました(*^-^*)